読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

redcircle’s blog

アニメ等の感想を書きます

【ユーフォ】響け!ユーフォニアム完走の感想

2016秋アニメ

f:id:redcircle:20170302173906p:plain

表題のそのままの記事を書きます。

言わずもがなネタバレ全開でいきます。

ユーフォの一期二期を全て見たのでこの熱い感情が冷めないうちに言葉にしておこうと思いました。

さすがに放送からかなり経っているので、再生しながら細かい演出を殊更取り上げてレビューするものではないです。

 

 

 

総評

このアニメの良いところは、まあ最後まで見て分かったんですが、キャラクターごとに吹奏楽をやる理由をそれぞれ”重く”描写しているところだと思います。これに関しては長く書いてみたいと思います。

さて、僕はだいぶ前に美少女キャラクターオタクではなくなったので、ユーフォを「質アニメ」として見ていました。京都アニメーションの美しい作画もあいまって、制服美少女がたくさん出てくるキャラアニメという第一印象を抱かざるをえないんですが、実際は吹奏楽部にまつわる様々なドロドロを描いたアニメでした。内容としては部員同士の軋轢や家族との不和など比較的ハードなものでした。一方、OPEDのアップテンポな曲やデカリボン先輩(優子)のレズ、学園祭でのメイド喫茶などいわゆる「萌えアニメ」っぽい演出があったので、所々ちぐはぐな印象を受けました。そこは多分、ハードな展開がある萌えアニメとして見ている人と、萌えアニメ調な演出がある質アニメとして見ている僕とで違いがあるんだと思います。

僕は別に作画厨ではないですが、このアニメの面白さを根底から支えているのはキャラの心情を大袈裟なまでもクローズアップする演出にあると思っています。まあこれは京アニ制作のものほとんどに言えますがね。演出でぐいぐい引っ張っていくと言ったらわかりやすいかもしれません。

 

吹奏楽をやる理由

この”理由”がもっともよく表現されていたのが麗奈の「特別になりたい」ですね。僕が一番共感できたのは麗奈ですね。トランペットを続けてオーディションでも先輩に一切遠慮しなかった芯の強さが響け!ユーフォニアムの最も重要な部分だと思います。何より滝先生へのラブです。僕は滝先生も久美子も好きだったので、余計麗奈に感情移入してしまいました。

一方の久美子は最初ユーフォから別の楽器をやろうとしていたくらいの気持ちだったんですが、一期の終盤にはユーフォが好きで「上手くなりたい」と言っていましたね。最終的にはあすか先輩みたいに吹きたいって言えるくらいには成長できたのが良かったですね。ユーフォが好きな気持ちは、小学生の時にお姉ちゃんの演奏を聴いて自分もやりたいっていう子供らしいものから始まっていたというのが二期になって明かされました。そして10話、吹奏楽を辞めちゃって家を離れるお姉ちゃんをあすか先輩に重ねて、せめてあすか先輩と吹きたいという気持ちをぶつけるシーンは涙を抑えられませんでした。

そのときあすか先輩の心情としては、好きなことをやりたいという純粋な気持ちや母親への反発心、そして全国大会の審査員である実の父親へ自分の演奏を聴いてもらいたいという思いがありました。雫先輩(鎧塚)の時は傍観しているだけだった久美子が成長した証拠を示すシーンでした。僕はとにかくここが好きですね。

 

美少女物でスポ根をやるということ

よくスポーツアニメだと男性ものばかり流行るじゃないですか。最近の作品だと黒子とかハイキューです。うってかわって女性ものがあまり流行らないように感じます。僕はこの原因がキャラの”動機付け”にあると思います。

男性キャラだったら「勝ちたい」とか「強くなりたい」っていう闘争心がそのままキャラクターの動機付けとして正当性があると思います。ドラゴンボールのメンタルがそのまま当てはめられるわけです。しかし女性キャラクターがこれをやると、あまり説得力がなくなってしまいます。萌え豚諸氏は美少女が頑張っていれば感情移入できるかもしれませんが、僕としては女性キャラは女性なりの動機があると思っていて、その最たるものが「コーチへの愛」だと思います。

つまりエースをねらえのことです。アイドルマスターでもいいです。コーチやプロデューサーのために頑張っているから物語が真に迫るものになるわけです。艦隊これくしょんのアニメがありましたが、提督という存在がすっぽりと抜けているのでキャラクターが命を賭けていることが茶番にしか見えませんでした。僕が2016年で最も評価しているユーリ on ICEも、主人公の勇利はもちろん男性ですが女性的なメンタルを持っていて、コーチのヴィクトルのために頑張るという構図が使われているわけです。

(もしこのパターンを使わないのだとしたら”廃校”がキャラクターの動機になります。廃校パターンの安直さについて言いたいことは山ほどありますが、今回はユーフォの記事なので触れません)

女性キャラの動機付けについてだらだら書きましたが、結局ユーフォでこの「コーチへの愛」で動いていたキャラクターが麗奈なわけです。僕は滝先生の魅力はすごくわかるので、やはり麗奈がユーフォで一番キャラクターとして”パンチ力がある”のは必然なのかな…と思います。

 

構成

質アニメとして見ていると書きました。僕の中では正統派エンタメから外れているものを質アニメと呼んでいるわけですが、ユーフォも正統派エンタメと呼べない何かがあるのです。それがシリアスとカタルシスのバランスです。

僕はユーフォの構成(全体の話の流れ)については評価していないです。まあ原作を読んでいないのでスタッフに対する強い批判はできないわけですが。(文体に抵抗感があったのと、修一過激派アンチなので結局読んでいません)

簡単に言うとユーフォはシリアスが長く続きすぎです。僕の中で同じテーマのシリアスは三話以上続けてはいけないというのがあります。二話フルでも長いです。これは長年の視聴経験から間違いないものだと思っています。得てしてヒット作というものはほぼ同じ話数にシリアス展開発生→解決のプロセスが入っています。

音楽ものでテンポが良くてコミカルな話だと、オーケストラ楽団ものですが『モーツァルトインザジャングル』(Amazon限定)がおすすめです。TVアニメのように一話30分で構成されているのでシリアスを長引かせるタイプのアニメと比較していみたい人は見てみてください。

 

音楽もの・部活ものとして

以前にTwitterで演奏パートが長いと言ったところフォロワーさんから「部員になったつもりで見るのが正しい」といった指摘を戴いてはっとしました。ユーフォは北宇治高校吹奏楽部のリアリズムが素晴らしいんですよね。

音楽ものだと、映画ならAugustやスクールオブロック、アニメ漫画ならのだめカンタービレけいおんのような、音楽の天才や音楽的才能に着目したものがあります。つまり視聴者も秘められた音楽性が開花していく万能感に浸れるエンタメです。

ユーフォはそのようなエンタメというより、部活動としての音楽がテーマです。プロを目指すのではなく、高校生として勉強や家族とのしがらみの中で必死になるリアリティがありました。

吹奏楽部の独特の練習形態や先輩後輩の関係だったり大会前の儀式、卒部式のようなイベントそれぞれが、まさに中学校高校の部活動ってこういうものだったなぁと思い出させてくれました。懐かしさと共に”こっぱずかしさ”も与えてくれるものでしたね。僕は運動部だったわけですが、そういう部活っぽいリアリティがユーフォに感じられました。そうなると部員になったつもりで緊張感を感じながら大会を迎えるのが正しいですし、演奏パートは長きに渡る練習の集大成なのでもっと高まって視聴した方がよかったですね。

 

滝昇

滝先生の出てくるシーンでは麗奈になったつもりで視聴することができました!笑

滝先生の魅力については麗奈が身をもって表してくれたのでここに書きたい気持ちはあまりないですが、麗奈が知らなかった滝先生と妻との関係に僕は萌えるわけです。妻を若くして亡くして、妻が元いた部を全国に導こうなんて震えるぐらいかっこいいんですよね。それを知らずして、いや知った後も滝先生ラブを貫いていた麗奈はやはり青春なんでしょうね…

 

一期第8話

これは僕が2015年四大神回に認定するくらい好きです。

あとの三つは

アイドルマスター シンデレラガールズ第1話

血界戦線第5話

おそ松さん第5話

です。笑

まー、一期8話についてはどこがいいかなんて今更言うまでもないんですが、大吉山に登るためだけに京都宇治に行くくらい好きですね。

 

 

なんか内容についてあんまり触れずにフレームばっかり着目しちゃいましたね。

また書きたいことがあったら追記するかもしれないです。ユーフォはほんと大好きです。

【けもフレ】ジャパリパークの真実は?最終回予想と考察

けものフレンズ 2017冬アニメ

7話まで見ました。

料理という人間の本質に迫ったいい回だったと思います。

というわけで最終回を予想していきます。

 

f:id:redcircle:20170225075745j:plain

パターンA ほのぼのEND

わっはっはーの思考停止で終了。核心は一切明かされない

次回作に続くという商業主義への敗北が告げられる

 

パターンB 王道バトルEND

ジャパリパークの出口に辿り着く。そこには大量のセルリアンが!!

みんなの力を分けてくれ!!フレンズの力を合わせてセルリアンを倒してEND

 

パターンC 遊園地END

サーバルちゃんが崖を登っていたシーンで遠景に観覧車がぼんやりと写っていました!!

みんなで遊園地に行って、たーのしー!これを作ったヒトってすごいね!で終わり!!

 

パターンD 黒歴史解明END

かばんちゃんが廃棄されたジャパリパーク事務所に行って、歴史を紐解く。

かつて人類が大量の動物を絶滅に追い込み、命を奪ってきたことへの反省が述べられる。

そしてフレンズ化の弊害で人類が自らを異形のセルリアンにしてしまったことが明かされる。

動物→人類というものがフレンズ化(高知能化)なのだとしたら、人類→セルリアンもまたフレンズ化のひとつの帰結ではないでしょうか。

霊長類のフレンズが全然出てこないことも意味深ですよね。(7話時点)

 

パターンE メタゲーム世界END

このアニメのアプリゲームが提供されていましたが、放送前にサービス終了。

哀愁と追悼を込めて、アニメが廃棄されたゲームを引き継いだものという事実が明らかになるENDです。

ジャパリカフェなどジャパリまんなどゲームネタがありますが、それらは確実にゲーム世界とリンクしていることを示しています。

どんなソシャゲもいつかはサービス終了します。残されたキャラクターたちは人間のいなくなった世界で自由に振る舞いますが、心のどこかでプレイヤーの帰りを待っているのかもしれません。

 

パターンF お別れEND

宇宙への脱出ポッドを発見します。

それには1人しか乗れません。

サーバルちゃんと涙の別れは辛いですがかばんちゃんはヒトとしての探究心に従って乗り込みます。

ロマンですね。

 

パターンG ループEND

何度時間を巻き戻してもサーバルちゃんを絶対に助けられない破滅のルート

 

パターンH 子作りEND

かばんちゃんにチソチソが生えて最強ハーレムを形成します。

 

パターンI カレーEND

みんなでカレー食べて終わり

7話のおかわりを待っているっていうミミズクさんとの約束を果たして欲しいです。

 

パターンJ ボスEND

ボス「僕と契約して魔法少女になってよ!」

 

パターンK ネタ切れEND

このブログと同じ

 

 

個人的にはお別れはなんらかの形でやってほしいですね。 

アニメ制作のメタ的に考えてかばんちゃん以外の人間は出てこないと思います。

さしあたっての目標だった図書館には到達したので、これからは人類の生息地に向かうということになります。

人類の生息地は「村」や「都市」であり大自然ではないので、やはり廃墟がメインになるのではないかと思います。

となると、遊園地や、パーク管理部やその他の街やビルなどが最終回の候補地として考えられます。

あまり突飛な展開や鬱アニメの雰囲気は感じないので、わりとみんなが納得できる無難な終わりをすると僕は予想していますね。

終わりです

みんたむ@オーディナル・スケール、起動 (@mintam_) on Twitter

 

【2017年冬アニメ】クール折り返し地点でそれぞれ超簡単に印象を述べる

2017冬アニメ

Twitterに書いてもいいんですが、長くなっちゃうのと、叩きが多くなっちゃうのでフォロワー全員に公開はやめておきたくてブログエントリにします。Twitterに書けないのはやっぱり溜まりますね。

 

・総評

クール総評というものはないです。個別のアニメがたまたま同じ時期に放送しているだけなので。

ただアニメ同士の関係性や同時代的な感覚を述べるとすると、萌え豚視聴者がけもフレに一斉に移動したのが面白かったです。僕も話題になっているものはまず見てみる派なので、あまり批判は出来ませんが…

 

 

幼女戦記

f:id:redcircle:20170224121136j:plain

普通一話にやるべき転生についての説明が二話冒頭に入っていました。これは良くないですね。僕は異世界転生ものだと知っていたので何も思いませんでしたが、二話から面白くなったという声をよく聞きました。今のオタクは三話まで待ってくれません。

幼女である必要性はなく、その設定がほぼ活かされていないのでかなり残念です。しかし悠木碧さんの演技もあり幼女が鬼軍曹や司令官を務めるというギャップが可笑しいので、逆にいい演出になっているような気がします。

安定を求める主人公が、そのせいでかえって重荷を背負うことになっていくという構成を軍隊ものでやっているバランス感覚を評価したいと思います。魔法の使い方やその他の設定は特筆すべきものはありません。

幼女であるからに安易なハーレムやお色気が排除されているのは素晴らしいです。

 

政宗くんのリベンジ

主人公の政宗くんがいい感じに三枚目で面白いです。面白さの90%を占めています。ヒロインがかわいいとかギャグといった要素はありきたりの感が否めませんが、政宗くんの残念さと、主人公としての行動力は高評価です。ヒロインが大食いだという秘密をかかえていて、その秘密を共有するというシナリオなんですが、秘密がどうでも良すぎてかえって気軽に見られていいんじゃないでしょうか。

水瀬いのりさんキャラの立ち位置も不自然です。男の娘(かわいい男子)キャラが出てくるのも表現が少し古い気がします。やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を想起させます。そう思っただけなので対立させるつもりはないです。

政宗くんの残念イケメンギャグは本当に面白いです。それ以外のギャグ要員がいればもっと多くのファンを得られたのではないかと思います。

 

けものフレンズ

多くの層を取り込んだアニメとして評価されています。無数にけもフレ記事やメンションがあるんですが、僕もだいたい同じような評価です。僕はニコ生で追っていて全話見られていないのであれですが、3話5話は高評価です。協力して何かを得るというゲーム的な達成感が気持ちよさの理由だと思います。擬人化要素にしか注目していないのはもったいないかなと思います。二次創作やパロディをやるならば、そのゲーム性に敬意を払って、ただの擬人化を抜き出したエロ消費にならないようにしたいです。語録を煽りに使っているのは飽きました。煽りの要素がなくても単純にうざいので使わないでください。つまらないお前がフレンズ化してもつまらないままなんだよバーカw

毎回OPとEDで切なくて泣いちゃうくらいなので一挙が終わったときかわからないですが記事を書きたいと思います。

 

鉄血のオルフェンズ最終クール

戦闘描写が神。

破滅に向かう美学がひしひしと感じられるようになってきました。序盤~中盤のサブキャラ掘り下げがつまらなすぎたので、今は勢いがあって素晴らしいです。三日月やオルガよりも圧倒的にガレリオやマクギリスが目立っています。クーデリアは既に空気です。主人公たちが時代に流されているだけなのはずっと変わらないみたいです。

 

クズの本懐

ノイタミナらしいアニメです。リアルタイムで見て深夜の寂しい自分と重ね合わせてみるとめちゃくちゃ泣けます。

ストーリーや設定としては何も引っ張ってくれるものがないので、毎回見るかどうか悩むんですが、OPで一気に引きこまれます。キャラクターのセリフもたまに刺さるような上手いこと言ってるので、心情描写は高評価です。

 

 

小林さんちのメイドラゴン

トールとカンナカムイのかわいさはさすが京アニ

おねショタで圧倒的神アニメとなる。

以下は叩き。

クール教信者特有のシリアスの入れ方と解決方法が残念。それに伴う小林さんマンセーがきついです。もはや陳腐化したオタクネタをこのボリュームでやっているのは感性が00年代で止まっているとしか思えないです。ドラゴンメンバーたちの、ドラゴン世界の常識とか人間観と小林たちを対比させている言動に説得力がないです。というか北欧神話じゃなくて魔王が転生してしましたって話でも成り立ちますね。北欧神話へのリスペクトが感じられないかなぁ…。明らかに調べて書きましたみたいな神話ネタぶっこみと、それとキャラクターが連動していないのが致命的に許せないです。京アニの美少女の表現が素晴らしいので見ていますが、このいい部分と悪い部分の温度差で死にそうになってます)

この素晴らしい世界に祝福を!

一期の中盤から思っていましたが、これは異世界転生ものである必要がないです。RPG風世界でやるハーレムギャグアニメです。

ガヴリールドロップアウト

日常系アニメにイジメ要素をぶちこんだ問題作

青の祓魔師

ギスギスが辛いので見るのを中断しています

リトルウィッチアカデミア

魔法ものなのに設定にオリジナリティーがない。作りはしっかりしている印象

うらら迷路帖

キャラクターが超絶恋愛脳なのに具体的な”男性”が一切出てこない歪なアニメ

風夏

主人公がツイッタラーってところは面白かった

セイレン

アマガミとやっていることが同じ

ハンドシェイカー

Kの成功を上手く一般化できなかったのか

アイドル事変

けいおんラブライブを足して100で割ったようなアニメ

 

 

みんたむ@オーディナル・スケール、起動! (@mintam_) on Twitter

 

暇なので、異論、反論受け付けています