読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

redcircle’s blog

アニメ等の感想を書きます

【禁書】劇場版 エンデュミオンの奇蹟 がぶっとびすぎてて面白かった話

 

【禁書】劇場版 エンデュミオンの奇蹟 がぶっとびすぎてて面白かった話

クソニワカの劇場版の感想です(予防線)

f:id:redcircle:20170304175206j:plain

「劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-」大ヒット記念特集!錦織監督インタビュー(その1) | トーキョーアニメニュース – TOKYO ANIME NEWS

当記事の錦織監督の発言は上記の記事からの引用です。

とある魔術の禁書目録』というアニメが2008年くらいにやっていて、クソニワカアニオタだった僕はかなり楽しんで見ていました。二期はその二年後くらいでしたね。それからだいぶ年月が経過してしまったので映画鑑賞態度としては「楽しんで見てた頃の好きなキャラクターがまた見られて嬉しいな」くらい。僕は配信で見たわけですが、2013年劇場公開当時見ていたらまた違った感想になっていたことでしょう。

総評

監督のインタビューは映画見た後読んだんですが、「シリーズのオールスター総出演のお祭りイベント的作品」ってそのまんまでした。整合性は無視して出したいキャラを全部出して決め台詞を言わせる系の映画です。つまりガチガチのファンムービーでした。だから禁書を見た人が楽しめるかどうかが肝。そう言う意味では僕は楽しめたので良作だったと思います!

え?お前敵じゃなかったの?

TV版も当麻が殴った敵が仲間になっていたりしてました。この映画も似たような感じです。ああ禁書ってこんな感じだったなあっていう気持ちになれて懐かしくなれて良かったです!

軌道エレベーター&宇宙

映画らしいスケールだったのでGoodです。宇宙と言えばNASA…もそうですが宇宙に行く手段と経緯です。一介の高校生がそう言うでかい話に関わるにはそれなりの理由付けが必要だと思うんですが、今回はめちゃくちゃ強引でした。あれよあれよとスペースシャトル的なものに乗ってぶっ飛んで、いつのまにか宇宙っていう逆ジェットコースター的展開は正直腹をかかえて笑いました。スペースシャトルに向かって飛んでくるミサイルへの対処が薬をキメて思いついたとしか思えない展開で(笑)。脚本が吉野弘幸氏です。氏といえばマクロスFですね。超展開をやらせたら右に出るものはいない(笑)氏のぶっとび脚本が最大限活かされていました!

歌と弾幕

今回は歌を歌うアイドルキャラが出てきてライブをしました。この曲とミサイルのシーンが被ってて、完全にマクロスでした(笑)。もうぶち上がりですよ。アイドル曲とミサイル弾幕は全てのアニメに入れた方がいいですよ。アイドルキャラは三澤紗千香さんが演じていました。AWの黒雪姫先輩のイメージだったので、演技が上手くなりすぎてて、正直誰??????って感じでした。いやこの三澤さん、ぶっちゃけ雨宮天さんにめちゃくちゃ声が似てます(笑)シンクロ率400%(笑)影武者だって言われても信じるレベルで似てます。公開当時は雨宮さんの知名度がほぼなかったのでこの話は有名にならなったのかな?

ステイル優遇

ネセサリウスのステイルさんに3人の超かわいい魔女っ子弟子がついて回ってました。うち1人は完全に霧雨魔●沙…。4人はアクションも良かったし、何より連携プレイがいいなって思いました。弟子が護符をまき散らしてステイルがイノケンティウスを発動するっていうシーンが個人的には目新しくて良かったですね。ステイルはししょーって呼ばれてて、弟子はすぐ窮地に陥るんですが、彼女らにししょーなりの優しさを見せるのが痺れました。ししょー呼び、いいねぇ~

 

考察記事もありました!ネーミング等めちゃくちゃ考えてあります!

gakuentoshi.hatenadiary.com

 

総括しておきます

以下の条件を満たした人におすすめです

・禁書と電磁砲もう見たぜ!

・細かいことは気にしないぜ!

・ライブ+バトルでぶち上がるぜ!

 

さて、本棚にある大人買いした禁書セット読むかぁ…(笑) 

 

記事に目次つけて見出しレベル設定しているのは本当は雑記記事にしようと思って始めた名残です。意外に長くなったのと他にすぐ書きたいことがなかったので単テーマで公開します。計画性のNASA