読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

redcircle’s blog

アニメ等の感想を書きます

【幼女戦記】存在X=喋る転生トラック=作者そのものだ!!というメタ視点

幼女戦記 存在X=作者論

 

フレームの話なのでネタバレ要素はほぼないです。

 

追記(というか言い訳)

幼女戦記小説家になろう掲載時の作者のペンネームが「存在X」だというご指摘を即受けたわけでありますが、まあわかっていた人にはなんの面白みもない記事でしょう…

存在Xのどのへんが作者そのものだというかという視点で読んでください。

 

f:id:redcircle:20170306184900j:plain

© カルロ・ゼンKADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

幼女戦記』はWeb小説原作のアニメです。

これについてメタ視点で感想を書きます。

見ていない人のためにあらすじはざっくりと…異世界転生して戦場で無双する話です。主人公は最前線の戦場でなんとかやっていきます。

 

この物語で僕が気になったのが主人公の転生も受難も「存在X」という神的存在の手によって引き起こされていることです。存在Xは信仰心のない主人公を改心せしめるために世界に介入してきますが、そのふるまいも動機も到底神とは思えない、癇癪を起こした幼稚園児のようなものなんです。その発狂ぶりは冷静沈着で合理主義的な主人公と対極にあるように描かれていると感じました。

 

存在Xは作者のメタファー 

さて、その存在Xですが、神ではなく「作者」のメタファーじゃないかって僕は思いました。これは作者の意図のあるなしに関わらず、そう読み取れるのではないかという話です。3つそう思う理由を挙げておきます。

主人公の敵=作者

1つ目の理由ですが、創作の構造的に、「主人公に困難を与えストーリーを作る存在=作者」という性質があるからです。まあどんなものにも言えてしまうんですが、戦記ものは主人公が苦戦しなければ話が終わってしまいますからね。「主人公補正」で勝つ展開は作者の贔屓があるからです。となれば、困難に直面する「逆主人公補正」も作者の一存で決まっているのです。

あらゆる敵キャラがそういう作者的要素を持っているわけではないです。ただ幼女戦記の存在Xについては、明らかにエゴイズムの塊であり、動機も(信仰心の薄い現代人にとっては)共感不能に設定されており、舞台装置としての役割しか与えられていないので作者そのものと言ってもいいと思いました。

存在X=主人公の裏返し

2つめの理由は、主人公の対極に存在Xが設置されている点です。アマチュア小説においては、「主人公が作者の願望の表れである」という批判があるんですが、僕も基本的にそれには賛成です。『幼女戦記』は主人公が都合良く最強の力を手に入れて勝ちまくるので、これは否めないでしょう。

存在Xが主人公の対極にあるのはその思想信条、主義などからも明確です。つまり、両者はコインの表と裏であり、ご都合主義的な要素を作中で二分しているのです。

存在X=転生トラック

3つめの理由がWeb小説的な予定調和が存在Xだからです。ふつう、ご都合主義展開だったらそれを隠すためにいろいろな理由付けやシチュエーションを考えると思うんですよ。しかしWeb系の異世界転生は転生の理由がトラックだったりするわけです。所謂「転生トラック」のことで、トラックに撥ねられたー(走馬燈)みたいな本筋とは関係のないきっかけで転生するわけです。あらゆる転生パターンが模索されてきたWeb小説では、転生した理由やきっかけみたいなものよりも転生先の世界がどんなか、そこでどうやって生きていくかが重視されるわけです。つまり、トラックこそ作者の一存そのものなんです。だからこそ僕は「トラックこそ作者」だと言いたいですね!

存在Xは意思を持ったトラックなんです。

上でも書きましたが存在Xは舞台装置であり、作者の一存で介入してくる作者そのものなんです。

SS小説らしさ

作者として存在Xが物語に介入してくるという考察をしていてこの有名なSSの締めくくりを思い出しました。

 

23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/11/11(日) 20:47:46.11 ID:2TLOe39oO
 
くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

まどか「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

さやか「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

京子「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

ほむら「・・・ありがと」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」


まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

出典:

くぅ~疲れましたw (くぅつかれました)とは【ピクシブ百科事典】

 

これはSSの終わりに俺くんが出てきてキャラクターと会話するっていう珍妙さが受けて広まっているわけですが、幼女戦記の存在XもこういうSS小説らしいSS小説の影響を受けているのではないかと思います。

メタ視点で評するならこのアニメは作者が直接介入して物語を強制的に動かしていくという構造ですが、「存在X」というトリックスターで全体を正当化しています。僕は上手いなぁと思うわけであります。つまり、ご都合主義でいいじゃない!好きなこと書いてるんだし!っていうフレームが成立しているんです。だから「戦記」という堅苦しい題名がついても、僕は細かいことは気にせずフラットにこのアニメを楽しめていますね。