読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

redcircle’s blog

アニメ等の感想を書きます

【中国映画】あの子を探して 体制批判すら許される人情物語とは

『あの子を探して』という1999年のチャン・イーモウ監督の映画を見ました。BSをつけたらやっていたのでたまには中国映画もいいなぁと思って見ました。個人的に監督と言えば『HERO』なんですが、これは中国映画らしい人情物語でした。

あの子を探して [DVD]

 

ストーリー

舞台は中国の農村。

水泉小学校のカオ先生が母親の看病のため、一ヶ月間、小学校を離れることになった。放っておけば、多くの生徒が家庭の事情で学校をやめてしまう。代理として村長に連れてこられたのは、13歳の少女、ウェイ・ミンジ。
中学校も出ていないミンジに、面接したカオ先生は心許なさを感じるが、子供たちに黒板を書き写させるだけの簡単なことならできるだろうと代理を任せる。報酬は50元。子供を一人も脱落させなければさらに10元。
ミンジは、生徒に自習させて教室の外で座っているだけの「授業」を始めるが、うまくいくはずもなく、次々と騒ぎが起こる。特に生徒のホエクーは、隙を見て抜け出そうとしたり、女の子の日記を盗んで騒いだりといつもミンジを困らせていた。

そんなある日、そのホエクーが突然学校にこなくなった。病気になった親の代わりに、町に出稼ぎに行ったという。脱落者を出すと報酬が減ってしまうと考えたミンジは、何とか連れ戻そうと策を巡らせるが、町を出るバス代がない。皆で話し合い、レンガを運んで金を稼ぐことになり、生徒たちも一生懸命働いてようやくミンジを送り出す。大きな町へ着くとホエクーは行方知れずだと聞く。彼女はなけなしの金をはたいて紙と筆と墨汁を買い、尋ね人のチラシを貼り出すがらちがあかない。町のテレビ局に行き、涙ながらに訴える。苦難の末、ミンジはホエクーと再会を果たす。

あの子を探して - Wikipedia

 この映画のすごいところは農村部の貧困という中国の暗部を描いておきながら検閲に引っかからなかったところだと思います。現代中国には検閲という制度があって政府が任意に創作物を公開停止にできます。日本の漫画やアニメが中国の検閲を受けたりしてよく話題になったりしていますね。監督はこれ以前に『活きる』という映画を政治的理由により放送禁止にされています。『あの子を探して』は中国政府の顔色を窺って作ったというような記述がWikipediaにあるので、規制と表現のぎりぎりのラインで作られたものだと言っていいでしょう。

ではどうしてこの農民の極貧が中国で公開され成功を収められたかというと、僕はドキュメンタリー的手法によるリアリズムと近代化イデオロギーへの配慮があったからだと思います。

リアリズム

貧困の描写が生々しいです。チョークは一日に一本しか使うことが許されていません。子供は大人に賄賂を要求します。経済難から出稼ぎに出ざるを得ない子供も描かれます。学校教育の不完全さが子供を襲います。

しかしメインの役者は皆素人です。演技力の欠片もありません。そこが農村の素朴さを強調し、映画的ではなく、一方子供達の自然な姿を描き出し、フィクション的な貧困と現実の貧困の境界を薄くしています。これが現実の貧困を殊更に抽象化し批判するようなものだったとしたら、政治的な圧力を受けていた気がします。

結局何が言いたいかというと、素人をドキュメンタリー風に撮影することで現実から乖離させ、生々しい貧困によって『おしん』のような同情を生んでいたのが批判のしにくさに繋がっているのではないかということです。

近代化イデオロギーへの配慮

この貧困と一連のトラブルが「テレビの人気番組で貧困特集をしたら、探していた子供とも再会できて、寄付金が集まって、テレビ番組の車で村に帰ることもできて、校舎も新築できて、文房具もたくさん貰えたよ。子供達には明るい未来が待ってるよ」という結末になっています。

マスメディアという体制の力を確認するようなエンディングですね。統一的イデオロギーへの配慮が感じられます。寄付をしてくれたのも結局は街に住んでいる富める人達です。貧困の実態が放送され多額の寄付が集まるという、同情的な中国人像も見え隠れします。喩えるならば、泥沼の戦いを描いたミリタリー映画で、最後に爆撃機が援軍として敵を一掃してくれて勝利…のようなものでしょう。

農村と都市部の対比が強烈なので、みんな都市に行けばいいじゃん(笑)みたいな印象を持ってしまいます。農村では皆現金主義だったのに対して、都市部では食べ物を恵んで貰えたり、大人がアドバイスしてくれたり、都市に「人情」があるという点も特筆すべきです。

かなり感動できる

…あまり穿った見方をするものではないですね。政治性は横に置いておいて、13歳の女の子が先生として働かなければならなくなって、どうすればいいか教えてくれる大人がいないのに頑張るというおしん的な展開が心を打ちました。5回くらいマジ泣きしました。

やっぱり、最初は10元のためにミンジがホエクー探しをしていたのに、だんだん先生としての責任感だったり姉のような親愛の情が生まれていくところがいいです。その過程を上手く描けていたと思います。

 

中国人留学生と農村部の貧困について話したのを思い出しました。(きみがイメージするような貧困は)ほんの一部ですよって言っていました。この映画もやはり20年くらい前のものなので、今はどうかわかりません。真実は行って自分の目で見るしかないんだろうなと思います。